無臭元工業株式会社「わたしたちが大切にすること」

  1. ホーム
  2. わたしたちが大切にすること

汚水も臭気もキレイになって自然に循環。それぞれの問題に、それぞれの解決法。

微生物を応用した薬剤からスタートした無臭元工業は、
その中でも解決の難しいとされる排水処理対策、臭気対策に長年取り組んで参りました。
年々多様化・高度化するニーズに、自然を護る環境衛生応用微生物のパイオニアとして、
極力、自然に近い薬剤を用いて、水も空気も自然界に戻せるレベルへの改善を目指し、
「お客様ごとに最も相応しい解決方法をご提供する」という姿勢で、取り組んでおります。
これからも、薬剤メーカーとして製品の強化・向上に努めると共に、
お客様の信頼できるソリューションパートナーとして、様々なご要望にお応えいたします。

1クライアント1ソリューション」という考え

弊社が取り組んでいる排水処理対策・臭気対策は、一般的には解決の難しい問題とされています。
それは、同じような問題であっても、場所や条件によって解決方法も様々だからです。
弊社では、「1クライアント、1ソリューション」を基本に考え、ひとつひとつ、お客様の抱える問題ごとにカウンセリングを行い、最もふさわしい薬剤による解決方法をご提供しております。

サービスフローの詳細を見る

徹底した現場主義が、お客様との信頼関係を生む。そして、深い信頼関係が、困難な問題解決を実現する。

営業部 坪川 仁営業部 横田 圭佑商品開発室 伊藤 徹哉


現在、国内の製造業が抱える課題を教えて下さい。

写真

伊藤:国内の製造業が抱える課題として、製造時の製造副産物である余剰エネルギーと廃棄物があります。
主に加工貿易のわが国では、原料、エネルギーを他国から輸入することにより生産が賄われ、国土もせまいため、製造副産物の量(濃度)が非常に高いといえます。そのため製造副産物からエネルギー再生また再資源化についての技術は、世界に類を見ないほど発展してきました。
環境に対しての、企業の関わりについても、生産者の負担が前提となり企業が負うべき責任は増大の一途をたどっています。製造副産物であるの排水、排気の垂れ流しは最早許されることはなく、適正な管理、適正な情報開示が求められ、違反者には社会的な制裁が待っていて、企業が破たんする可能性も秘めています。そのため企業での製造副産物の情報は、企業の収益とも直結しており、信頼できるパートナーと一体となって問題解決に取り組む姿勢が不可欠だと考えています。

写真

無臭元の問題解決方法の特徴を教えて下さい。

坪川:参考書や専門書に記載されている解決方法をそのまま現場に適用するのではなく、机上試験と実機試験を繰り返し、それに長年蓄積された弊社の経験値やノウハウを総合し、問題現場の状況に合わせた解決提案を行えることです。

横田:わたしは、「迅速な対応」「現場主義」「課題解決手法が原因対応」が無臭元らしい問題解決スタイルだと思います。可能な限り迅速に現場に駆けつけ、ご担当者様と対面し、現地での徹底的な調査分析を行い、解決方法のご提案から最終的なアフターフォローを行うこと。そして、対症療法的な対応ではなく、原因療法的な対応を心がけること。これらが、お客様から「無臭元に頼めば、どうにかなる」という信頼に繋がっていると思います。

伊藤:単純な薬品の製造販売でなく、お客様の立場、現状、内在する問題点を、お客様と同じ目線でとらえ、原因また解決手法をお客様と共有し、薬品の持つメリットを最大限に生かしながら問題解決に当たることが大事だと思っています。
徹底した現場主義により、『ただの現場の問題』『ほったらかしの環境リスク』をお客様の社会貢献の場として位置づけ、お客様の価値創造のお手伝いをする。
一言で語るならば、"無臭元らしさ"とは卓越したコミュニケーション能力にあると考えます。水処理への深い知識、環境負荷低減のための幅広い見識を持ち、現場に当たる。それぞれの現場、それぞれの問題を捉えて可視化、問題の顕在化を行い、お客様と周辺環境とのつながりを明確にしていく。それゆえ机上の空論を現場には持ち込まず、現場から地球環境を考える。そのための『共通言語』を私たちは常に持ち続けていきたいと考えています。

問題解決を行う上で大切にしていることを教えて下さい。

坪川:悪臭の発生や水処理の劣化などの問題の多くは、お客様にとって厄介な問題です。そのような問題の原因や本質をきちんと理解するためには、何度も現場へ足しげく通い、調査や分析を繰り返しながら、お客様と信頼関係を築くことが重要です。

横田:現場の協力を頂き、お客様と同じ視点で課題をみつめなければ、対症療法的な対応は可能でも、原因療法的な対応は困難です。このため、お客様との信頼関係を築くことが問題解決を実現する上で非常に重要だと思います。

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するお問い合わせ

サービスに関するご質問、資料請求などはお気軽にお問い合わせください。