徹底的な現場主義が、無臭元の問題解決スタイルです。

排水処理対策や臭気対策は、同じような問題であっても、場所や条件によって解決方法が様々です。表面的な症例だけではなく、問題の原因や本質を正確に理解することが、問題解決への近道だといえます。
だから、無臭元工業では、まずは何度も現場へ通い、現地調査や分析などを実施する調査・分析フェーズが重要だと考えています。 また、薬剤を投入した後も、継続的な追跡調査・分析を実施し、改善アクションを続けていくことが重要となります。

調査・分析フェーズと問題解決フェーズの図

調査・分析フェーズ

ヒアリング

排水処理や臭気でお困りの場合、まずは・・・当社営業マンにご連絡ください。
状況(処理フローや施設規模、水質、臭気データなど)の確認を行い、必要に応じて現地にて対象検体をサンプリングいたします。

分析

当社研究室による水質・臭気の分析を実施いたします。
(水質検査・微生物検査・臭気濃度・臭気指数・特定有害物質・ 9段階快不快度表示法etc)

薬剤・設備選定

処理フロー、処理状況、析結果などから、最も適した薬剤の選定を行います。

テストによる効果検証

選定薬剤を用いた試験を行い、薬剤効果及び薬剤の最適な運用方法を検証いたします。

問題解決フェーズ

新規/改善提案

調査・分析フェーズの結果を基に、コスト及び実運用についてご提案いたします。

試験の実施

必要に応じて、実運用試験を実施いたします。

結果→ご報告

実運用試験の試験結果、及び実運用結果をご報告いたします。

追跡調査

必要に応じて、追跡調査・分析を行います。